メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

商品棚で来店客データ取得 タナックス、リコー

share

TANA-X(タナックス)とリコーは6月22日、店頭の商品棚に取り付けて来店客の属性や動きなどを把握するシステム「コネクテッドシェルフ」を発表した。2020年末から本格展開する。

タナックス京都本社1階の「DRUG STORE Live」店舗内では実証実験を行っている。

既存の商品棚にカメラやセンサー、デジタルサイネージを取り付けて使用する。サイネージは、トップボード型のものと、棚札を代替するものがある。

距離センサーによる滞留情報や、画像認識技術による属性情報などのデータはマーケティングでの活用を想定。サイネージとも連動し、来店客に合わせてプロモーション内容を出し分ける。

POPや棚札の入れ替えといった店員の業務負担を軽減するほか、販売員による呼びかけを代替し、店内の混雑回避にもつながる。

Follow Us