手話で接客するスタバ 「本来の自分の力を発揮できた」

share

スターバックス コーヒー ジャパンは6月27日、主に手話で接客する店舗「スターバックス コーヒー nonowa国立店」をオープンする。聴覚が不自由な人が店員として勤務し、手話による注文受付、商品提供を行う。デジタルサイネージも活用し、商品受け取りタイミングをわかりやすくする。

同様の店舗はマレーシアに2店舗、米国と中国に各1店舗ある。日本でも、聴覚が不自由なスターバックス店員が自主的に企画・運営する「手話カフェ」や「手話によるコーヒーセミナー」を開催。さらに2018年からは実際に店舗運営を数時間行うプログラムを7回実施してきた。参加した店員からは「手話や筆談などによる店員同士や顧客とのコミュニケーションを経て、本来の自分の力を発揮できた」といった声が寄せられ、手話中心の店舗オープンに至った。

店舗免責は207.96平方メートルで、席数は83席。店内には手話をモチーフとしたアートをあしらった。手がけたのは門秀彦氏。「nonowa国立」はJR国立駅内にある商業施設。

手話ができない人向けに、指差しで注文できるメニューシートや、筆談具も用意した

Follow Us