無印良品、店頭で給水サービス 販売をゴールにしない施策

良品計画は7月1日、生活雑貨店「無印良品」で「給水サービス」を始める。同時に携行用のボトルを発売、スマートフォン向けアプリの配信を始める。

給水器には水道水を使用する。設置するのは「無印良品 銀座」や「無印良品 グランフロント大阪」ほか、各地域の拠点となる大型店舗や新店など113店舗。2020年度内に国内約400店舗へ拡大する。スマホアプリでは、給水機を設置した店舗の場所や、東京都水道局が展開する東京都内700カ所以上の給水可能な公共施設などを掲載する。各自治体の情報も随時追加するという。

プラスチック廃棄物を削減する取り組みの一環。ボトルの開発、販売だけでなく、「無印良品」店舗をはじめとした給水可能な場所を周知することで、商品を利用しやすくした。破損や買い替えなどで不要になったボトルは店頭で回収し、リサイクルする。

携行用ボトル「自分で詰める水のボトル」は容量330ミリリットルで価格は190円(税込)。

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事