業界を超え12社連携、プラスチックの再資源化事業の新会社

share

プラスチックごみ削減のため、業界を超えた連携が起きている。

使用済みプラスチックの再資源化事業に取り組む新会社、アールプラスジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:横井 恒彦)が6月から事業を開始した。共同出資したのは、以下の12社。

サントリーMONOZUKURIエキスパート、東洋紡、レンゴー、東洋製罐グループホールディングス、J&T環境、アサヒグループホールディングス、岩谷産業、大日本印刷、凸版印刷、フジシール、北海製罐、吉野工業所。また住友化学なども出資への検討を進めている。

アールプラスジャパンは、米国バイオ化学ベンチャー企業・アネロテック社とともに、使用済みプラスチックの再資源化技術開発を進め、2027年の実用化を目指す。ペットボトル以外のプラスチックは、現在国内では多くが燃焼されていると言われているが、プラスチックを直接原料に戻すケミカルリサイクルの技術を使い、環境負荷の少ない効率的な再資源化に取り組む。

サステナブルを軸にしたパートナー連携・拡大が、新たな事業チャンスにもつながっていきそうだ。

Follow Us