トイレ個室に広告配信 混んできたら退出促す

share

トイレの個室にタブレット端末を設置し、広告を配信する実証実験が始まる。オフィスビル「中野セントラルパークサウス」(運営=東京建物)の数フロアに導入する。混雑抑制システムを手がけるバカン(東京・千代田)が6月30日に発表した。今秋の商用化を目指す。

個室の壁面に設置した10インチのタブレット端末に、30秒単位の動画広告を配信する。センサーが利用者を感知すると複数本、再生するという。トイレが混雑してきた場合は再生本数を制限し、画面に混雑ぐあいを示すほか、個室に滞在している時間を表示。退出を促して待ち時間を減らすようにする。

オフィスビル「中野セントラルパークサウス」。キリンホールディングスなどがオフィスを構えている。

Follow Us