「非接触」「非対面」のサラダバー ウィズコロナ時代のレストランがオープン

share

飲食店事業を展開する三笠会館は7月6日、ウィズコロナ時代に対応するレストラン「THE GALLEY SEAFOOD & GRILL」をオープンした。

店舗では、ロボティクスサービスを提供するQBIT Roboticsの自動搬送ロボットを採用し、「非接触」「非対面」のオーダースタイルのサラダバーを実現。

テーブルにあるタブレットからサラダバーメニューの注文を受けると、スタッフが盛り付けたサラダをロボットに載せ、搬送を指示。指定のテーブルへサラダを運ぶ。顧客がサラダを受け取ったあとに、上部に手をかざすと、ロボットは元の位置に戻る。

顧客は、スタッフやほかの顧客との接触を避けることができ、気兼ねなく注文することができる。

QBIT Roboticsはロボットにエンターテインメント性も付加。本ロボットはセリフ機能も備えており、サラダの搬送時や搬送後、進行ルートがふさがっている場合など、ユーモアのあるセリフを話す。

三笠会館は、数年前からレストラン本来のサービスや料理の質の向上につなげることや、スタッフにとって働きやすい環境をつくることを目的として、テクノロジーを積極的に活用。今回はウィズコロナ時代に対応し、「新しい生活様式」にそった安全な店舗オペレーションを構築するため、ロボットの導入に至ったという。

今後は単なる料理の搬送だけではなく、誕生日に紐づいたお祝い機能の追加などを予定している。

店内では2台の自動搬送ロボが稼働している。

Follow Us