佐賀市がシティプロモーション動画第11弾「本当にあったぬるい話」を公開

share

佐賀市は7月13日、シティプロモーションムービー第11弾となる「本当にあったぬるい話」をYouTubeで公開した。

佐賀市北部の富士町の古湯・熊の川温泉郷は、38度のぬるめの泉温と、ぬるぬるとした肌触りから「ぬる湯」と呼ばれている。このムービーは、その効能をホラー風に紹介したショートドラマ全5話で構成されている。

第1話「消えた婦人」
第2話「おぎゃあ」
第3話「別人格部長」
第4話「怪しい男」
第5話「ぬる湯に怨念」

制作の総指揮を取ったのは、佐賀市シティプロモーションアドバイザーとして活動する三寺雅人氏(FACT 代表取締役CEO)。これまでも「W・R・S・B」や「ガタバトル」「名刺のりプロジェクト」など、佐賀市のシティプロモーションムービーを監修してきた。

今回のムービーについて三寺氏は、「佐賀市の秘境『ぬる湯』には古くより語り継がれる神秘的な実話がたくさんある。しかし、今も息づくその効果・効能や魅力は、まだまだ多くの人に知られていない。この知られざる価値やポテンシャルを『本当にあったぬるい話』として紹介した」とコメントしている。

Follow Us