日本の文化とブランドアイデンティティを融合 「キールズ」が“オンライン夏祭り”を開催

share

日本ロレアルが展開するブランド「キールズ」は7月17日~8月7日、人気シリーズの夏限定エディションの発売を記念し、公式オンラインストアの特設ページにて「オンライン夏祭り」を開催する。

相次いで、夏祭りの開催が中止となっている中、「記憶の中にある夏の思い出と合わせて、楽しい時間を過ごしてほしい」という願いを込めて企画したという。

特設ページは、日本の夏祭りを表現するデザインとなっており、夏祭りの音楽が流れたり、花火が打ち上がったりと、実際に夏祭り会場にいるかのような体験を提供。また、夏をテーマにした2種類のゲームコンテンツも用意した。それぞれのゲームをクリアすると、得点にあわせて各製品のミニサンプルが貰える限定コードが数量限定でプレゼントされる。

「キールズ」は、ブランド誕生時のアイデンティティである「コミュニティ」を重視しており、本取り組みは顧客への感謝の気持ちを伝えるため、毎年世界中で開催している「Kiehl‘s LOVES(キールズ ラブズ)」キャンペーンの一環。

各国の文化とキールズのアイデンティティを融合させた限定デザインを展開するキャンペーンだが、今年の日本では、古くから夏の風物詩であり、地域のつながりを築く「夏祭り」を選んだ。

Follow Us