博報堂と博報堂プロダクツがコミュニケーションを非接触・非対面化する「GOGO DX」の提供を開始

share

博報堂と博報堂プロダクツは、イベントや販売促進、店舗での買い物行動などの顧客接点コミュニケーションを「非接触・非対面化」する、55のデジタルトランスフォーメーション(DX)ソリューションをワンストップで提供する「GOGO DX」を、7月20日から提供開始した。

配信技術の進化によるオンラインでのライブ視聴、ECによるオンライン完結の買い物、サイネージやタブレットを使ったオンライン接客など、ここ数年進化し続けてきた「非接触・非対面」コミュニケーションが、新型コロナウイルスの影響を受けて進化が加速。これまでは対面が当たり前だった「撮影・編集」などの制作プロセスや、人を集めることで成立していた「イベント・発表会」の在り方も見直されている。

そのような「非接触・非対面」型のコミュニケーションに悩みの多い現状に対し、領域別に多くのニーズに即応できる55のDXソリューションを用意し、戦略構築×企画×実装・運用までをワンストップで提供するという。クライアントのニーズに対し、博報堂は顧客接点を非接触型に変えるための提案を行い、博報堂プロダクツが持つDXソリューションで実装・運用を一気通貫で提供・サポートする体制を整えた。

『GOGO DX』は全てをデジタル化するのではなく、デジタルとリアルを融合させ「あたらしい時代のあたらしいコミュニケーション」を生みだすことで、生活者との「あたらしいつながり方」を模索する企業のサポートをしていきたいとしている。

Follow Us