各分野のクリエイターが監修!コロナ対策のクリエイティブアイディア集

share

「入店前の検温をお願いします」「マスクを着用してください」「ソーシャルディスタンスをとるようにしてください」…。コロナ下の現在、企業がお客さまに対して、お願いをしなければならない場面は増えています。
月刊『宣伝会議』9月号(7月31日発売)では、各領域のコミュニケーションツール制作のプロフェッショナル6組に、店舗で使用するポスター・POP、オンライン会議用バーチャル背景の制作を依頼。作品は、本誌記載のURLよりダウンロードして実際に使用していただけます。
ここでは、制作にご協力いただいたクリエイターの内、3組の方を紹介します。

POPライター はりまりょう氏

はりま氏は、書店員出身の手書き系POPライター。主に漫画作品のPOPをはじめ、飲食店のメニューPOPやチラシを制作している。現在は、ニュースサイト“ダ・ヴィンチニュース”にて、『マンガPOP横丁』も連載中。

はりま氏が過去に手掛けたPOP事例

本企画では、「ソーシャルディスタンス確保をお願いするPOP」というテーマで、「人間」という単語の「間」という文字に着目し、“離れる・距離を取る”というネガティブに思われがちな行為を前向きにとらえられるPOPを制作した。

POPライター はりまりょう氏による「ソーシャルディスタンス確保をお願いするPOP」。

チョークアーティスト 河野真弓氏

河野氏は2009年よりチョークアートを始め、日本とオーストラリアでカラーのチョークアートを学んだのち、白墨を使った黒板アートを独学にて習得。看板や内装の制作から、ドラマやアニメ、映画などのビジュアルポスター、ライブペイントやCM撮影などの企業広告なども手掛けるチョークアーティストとして活躍し、TVや雑誌などのメディアにも多数出演している。

河野氏が過去に手掛けた作品事例

河野氏は本企画において、「ソーシャルディスタンスをお願いするチョークアート」を制作。

ソーシャルディスタンスによる距離を、「まるで恋をしている時の“近づきたいけど、気恥ずかしくて近づけない”という甘酸っぱさ」を感じるような距離として楽しめるような作品となった。

河野氏の渾身の1枚、「ソーシャルディスタンスをお願いするチョークアート」は、月刊『宣伝会議』9月号でチェック!

 

Metro Ad Creative Award 2019デザイン部門グランプリ受賞チーム
安田広美氏、大友景祐氏

安田氏は中央アド新社 制作部 第1制作チームでアートディレクターとして、大友氏は同じく中央アド新社のDX推進部でプランナーとして活躍中。両氏は、Metro Ad Creative Award 2019のデザイン部門でグランプリを受賞した。

Metro Ad Creative Award 2019デザイン部門グランプリ受賞作品

安田氏・大友氏は今回、「コロナ対策に前向きに取り組めるポスター」を、RPGゲームの世界観で表現。コロナ禍において、一人ひとりの「検温」や「マスクの着用」といった行動が、ゲームの主人公である勇者が「世界を救う」ように重要なことであるというメッセージを発信した。

安田氏・大友氏の「コロナ対策に前向きに取り組めるポスター」は、月刊『宣伝会議』9月号でチェック!

 

— 月刊『宣伝会議』9月号では、各領域のプロフェッショナルが制作した計7点のクリエイティブアイディアを掲載しています。
月刊『宣伝会議』9月号(デジタルマガジン)
月刊『宣伝会議』9月号(紙版)

Follow Us