メルカリが有識者会議を設立 マーケットプレイスのあり方を議論

share

メルカリは7月30日、「マーケットプレイスのあり方に関する有識者会議」設立を発表した。コロナ禍で、フリマアプリ上の課題であるマスクなどの高額転売を受けて「社会の中で、二次流通のマーケットプレイスとして果たすべき役割や機能は何か」を議論する必要があると考え、設立に至った。

同日に行われた記者発表では、メルカリ取締役と有識者会議の一部メンバーが登壇した。左から軍地彩弓氏、田面木宏尚氏、梅津光弘氏、山口真一氏。

有識者会議では、マーケットプレイスの運営・管理のベースとなる基本的な考え方を定めた原則(Principles)を議論し、「社会にとって必要なマーケットプレイス」の姿を検討する。コロナ禍の流通・取引で発生した転売などの問題、二次流通や個人間取引の機能・役割などが検討事項となる。また、会議の結果は運営に取り入れられ、プロセスはオウンドメディアなどを通じて公表される。

有識者会議座長の梅津光弘氏は「二次流通のマーケットは新しい分野で、規制や法整備以前に『何が良い使い方なのか』を話し合うことが求められている。自身のビジネス倫理学の知見を活かせれば」と参加の意気込みを語った。

今後は、8月初旬から会合を開き、9月末ごろを目途に原則素案の提示を目指す。

会議のメンバーは田面木氏と以下の外部有識者7名。経済学や企業倫理、ESGなどの知見を交えた会議となる。

梅津光弘氏(慶應義塾大学・大学院商学研究科 准教授、有識者会議座長)
磯貝友紀(PwC Japanグループ サステナビリティ・センター・オブ・エクセレンス テクニカル・リード)
大木良子氏(法政大学 経営学部 教授)
軍地彩弓氏(編集者 ファッション・クリエイティブ・ディレクター)
坂井豊貴氏(慶應義塾大学 経済学部 教授)
ハヤカワ五味氏(ウツワ 代表取締役)
山口真一氏(国際大学グローバル・コミュニケーション・センター 准教授)

Follow Us