ユーグレナが15年目迎え、CIを刷新 「サステナビリティ・ファースト」を標榜

share

創業から15周年を迎えたユーグレナは8月11日、コーポレートアイデンティティ(CI)の刷新を発表。これまでの「ミドリムシの会社」から「Sustainability First(サステナビリティ・ファースト)」に変更し、サステナビリティを軸とした事業展開を行っていく。CI刷新に伴い、企業ロゴも変えた。

刷新された新コーポレートロゴ。

刷新の経緯は、同社が2020年8月9日で創業15年目を迎えるのを機に、従業員の側から刷新をしてはどうか、との声が持ち上がったという。

今回の刷新により、ミドリムシを活用するのみならず、サステナビリティを軸に事業を展開。環境、健康、社会、生活、働き方、組織、そして、さまざまなステークホルダーに対し、サステナビリティを実現していくと共に、顧客が同社の提供する商品に触れることが、サステナブルになることを目指すという。

Follow Us