専用アプリは不要!アドウェイズが体験型広告「AR カメラフィルター広告」を提供開始

share

スマートフォン向け広告事業やアフィリエイトサービスの運営などを手掛けるアドウェイズは、Web AR(拡張現実)を活用した新しい体験型広告「AR カメラフィルター広告」の提供開始を8月17日に発表した。

AR(拡張現実)とは、実在する画像や映像に、3DやCGなどでつくったデジタル情報を加え、現実世界に仮想現実を反映(拡張)させる技術のこと。

今回提供が開始された「AR カメラフィルター広告」は、ユーザーがスマートフォンのブラウザ上で顔を認識させることで、映画のキャラクターになりきったりブランドの世界観を体験できたりといったフィルターを楽しめる体験型広告で、専用アプリのインストールは必要ないという。

「AR カメラフィルター広告」を用いてブランドオリジナルのARフィルターを提供することで、ブランドの世界観や商品の魅力を、より強く訴求することができる。

※本機能は、同社子会社のUNICORNが提供する全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN MODE:ENGAGEMENT」において配信が可能となる。

Follow Us