バイドゥが中国越境EC「百分百」の提供をスタート

share

バイドゥは8月18日、中国向け越境ECプラットフォーム「百分百(baifenbai)」の本格運用を開始した。百分百は、日本で流通する商品を中国人消費者に販売するプラットフォーム。大手企業に限らず、中小や地方企業が越境ECに参入しやすいECプラットフォームを目指している。

中国向け越境ECプラットフォーム「百分百(baifenbai)」

中国市場における日本製品の評価は「高品質」。化粧品やマタニティ用品など、口に入れたり肌に触れたりしても安心感のある商品が人気だ。経済産業省の調査(2019年)によると、中国市場に向けた越境ECの市場規模は2022年までに2兆5144億円に拡大する予定。新型コロナウイルスの影響でインバウンド市場が縮小している現在は、越境ECにさらなる注目が集まっている。

中国市場は、人口規模の大きさ、購買力の高さなど魅力が大きい一方、中国独自のインターネット環境の発展により、参入障壁も高い。そこで「百分百」は初期投資を抑えて出店することができる仕組みとした。中国で月間6億人が利用する百度検索エンジンのビッグデータも活用できる。

Follow Us