JPMが選ぶ優れたプランナー 2020年度は博報堂・橋爪慎一郎氏が受賞

share

日本プロモーショナル・マーケティング協会(JPM)は8月28日、プロモーション領域で実績をあげた優れた個人を称える「JPM The Planner2020」の受賞者を発表した。今回は博報堂の橋爪慎一郎氏(第二クリエイティブ局/クリエイティブディレクター)が選ばれた。

橋爪氏は1997年入社。営業を経験後、2001年にクリエイティブへ転属した。近年はユニクロ、三菱自動車の仕事でJPM主催のコンテスト「JPMプランニング・ソリューション・アワード」の「プロモーショナル・マーケティング大賞」などを受賞している。デジタルとリアルを駆使した体験価値の提供によるクライアント課題の解決など、一連の業務の成果が評価された。

「JPM The Planner」は「JPMプランニング・ソリューション・アワード」の入賞企画をプライズごとに点数化し、個人別の過去3年間の受賞履歴を累計ポイント化。今回はその上位10名を候補者として、同アワード審査員の合議によって決定した。

博報堂
第二クリエイティブ局 クリエイティブディレクター
橋爪慎一郎(はしづめ・しんいちろう)氏

1997年 博報堂入社、営業局配属。2001年クリエイティブへ転属。営業から複数の職種や環境を横断してきた、経験を活かしたスタイルの仕事を得意とする。日本マーケティング大賞 奨励賞受賞、日本広告業協会クリエイター・オブ・ザ・イヤー メダリスト受賞、TCC新人賞・ACC賞・ADC賞受賞。

 

Follow Us