明治「TANPACT」シリーズにおける企業間連携が発表 新たなブランドスキーム展開へ

share

明治は9月24日、「TANPACT」シリーズの新プロジェクト発表会をオンラインで開催した。プロジェクトの第一弾として山崎製パン、伊藤ハム米久ホールディングスが参画。「TANPACT」シリーズとのコラボ商品の発売を発表した。

明治「TANPACT」シリーズは、“乳たんぱく質を、かしこく、おいしく摂取できる”として今年3月に発売され、現在では18品展開している。現代人のたんぱく質摂取量が1950年代と同水準まで低下している現状を踏まえ、「TANPACT」事業を通して明治の経営計画ビジョンである“サステナビリティビジョン”達成の一環としたい考えだ。

同社からは、10月5日より新たにヨーグルトタイプ3品、ドリンクタイプ3品の計6品を発売する。さらに、「乳たんぱく質で日本を元気にする」という共通理念のもと、他社との協業でより幅広い取り組みを行っていく企業間連携プロジェクトを発表。「いつでも・どこでも・おいしく・手軽に」たんぱく質を摂取できる環境を整えるため、今後も他の食品企業や自治体、有識者等との協業を行っていくとしている。

テレビCMで夫婦役を演じる、飯尾和樹さんと田中みな実さん。新CMは10月5日から放映。

明治 マーケティング本部長の中村高士氏は「たんぱく質摂取量の低下という課題への取り組みには社会的意義があり、明治は永続的に課題解決に向けて取り組む。しかし明治一社のみでは提供できる商品のカテゴリーに限界があるため、賛同企業とともに新たなブランドスキームを展開する」と説明した。

新商品は10月より順次発売開始する。

新プロジェクトの第1弾として、製パン業界国内シェアNo.1の山崎製パンと、食肉加工品の製造・販売を行う伊藤ハム米久ホールディングス(2016年に伊藤ハムと米久が経営統合)が賛同。店頭での各種プロモーション、コラボレーション商品の発売、各社Webサイト等を利用した啓発活動等で協力していく。伊藤ハム マーケティング部長の春名公喜氏は、「伊藤ハムの創業精神は“事業を通して社会に奉仕する”であり、“乳たんぱく質で日本を元気にする”というTANPACTの理念に共感を覚え、参画を決めた」とコメントした。

山崎製パンはランチパック、伊藤ハムはサラダチキン、米久はホワイトヴルストなど、各社の特徴を生かした「TANPACT」コラボ商品を発売する予定だ。

発表会には「TANPACT」シリーズのCMキャラクターを務める、フリーアナウンサーで女優の田中みな実さんとお笑い芸人の飯尾和樹さんも登壇し、たんぱく質を手軽に摂取できる「TANPACT」製品の魅力を、実体験を交えながらアピールした。

Follow Us