コロナ禍で接触機会の低減を目指し、足で操作する自動販売機の実証実験が開始

share

ダイドードリンコは10月5日、コロナ禍に対応すべく、“足”による商品選択ボタンの操作や商品取り出し口フラッパーの開閉が可能になる「足操作自動販売機」の実証実験を同社の東京本部で開始した。

本取り組みは、業界では初の試み。商品を選択する際のボタン操作と、商品取り出し口のフラッパーの開閉を足で操作することで、手による接触機会の低減につながり、コロナ禍でもより安心して自動販売機の利用が可能なる。

同社では、国内飲料事業における売上の8割以上を自販機が占めており、主力チャネルとして事業活動を展開している。「昨今の公衆衛生意識の高まりにより、自販機に対する見方も変化している」という。

Follow Us