約2畳の空きスペースから展開可能!共創型「メルカリステーション」

share

メルカリは、店舗の空きスペース約2畳(※)から展開可能な共創型の「メルカリステーション」を10月16日にオープンした。共創型第1号店はパナソニックが運営する店舗「Panasonic KURA_THINK(パナソニック クラシンク)」内に出店する。

「メルカリステーション」とは、利用の未経験者が「メルカリ」を体験できるコンセプトショップで、6月に新宿マルイ本館、7月にららテラス 武蔵小杉にオープンしていた。今回、始まった共創型「メルカリステーション」は、店舗内の小規模の空きスペースでも展開できる点が特長。

※ 発送などに利用する端末「メルカリポストプラス」や「撮影ブース」など、最小1ユニットで組んだ際に実機を置くスペースとして必要な広さのこと。オペレーションに必要な周辺機器のスペースは含まない。なお、「Panasonic KURA_THINK」内にオープンするのは最小ユニットではない。
新たにオープンする共創型「メルカリステーション」には、出品したい商品を無料で撮影できるブースや、非対面で発送出来る「メルカリポストプラス」が設置される。

「Panasonic KURA_THINK」内の共創型「メルカリステーション」には、出品したい商品を無料で撮影できるブースや、非対面で発送できる「メルカリポストプラス」が設置される。また、「メルカリ」の使い方が学べる「メルカリ教室」も、今後、不定期で開催する予定だという。

Follow Us