外出を伴う消費に回復の兆しも クロス・マーケティングが消費動向に関する定点調査

share

クロス・マーケティングは11月13日、消費動向に関する定点調査(2020年10月度)の調査結果を発表した。同社の前回調査(2020年5月)の数値より「外食などの外出を伴う消費」の項目に回復の兆しがみられ、新しい生活様式へ順応している傾向があるとした。有効回答数は1200人で、全国の20~69歳の男女が対象。

「食事目的の外食頻度」の項目では-45.3ポイントと、前回調査から17.6ポイント増加している。昨年より大きく落ち込んでいるものの、過去最低を記録した-62.8ポイント(2020年5月調査)から数値を伸ばし、同社は「新しい生活様式に徐々に順応している」と分析した。

出所/クロス・マーケティング「消費動向に関する定点調査(2020年10月度)」

一方で、「衣類・アクセサリーの購入金額」では-27.2ポイントと1.2ポイントの減少、「化粧品の購入金額」では-22.1と過去最低を記録した。

また「コロナ禍での支援状況」では、「テイクアウトやデリバリーの利用」が8%と最多で、続いて「クラウドファンディング」が5%、「先払いシステム」が4%となり前回調査から大きく変動した項目はなかった。

Follow Us