W+K Tokyoのマネージング・ディレクターに元R/GA Tokyoの鈴木洋介氏が就任

Wieden+Kennedy(以下、W+K)は12月11日、東京オフィス(以下、W+K Tokyo)のマネージング・ディレクターに鈴木洋介氏が就任すると発表した。

鈴木氏は前職では、R/GA Tokyoに所属。エグゼクティブ・ストラテジー・ディレクターを務めた後、2018年からはマネージング・ディレクターに就任。

R/GA東京設立以前はネイキッド・コミュニケーションズ、電通で、ストラテジーを担当し、自動車、飲料、FMCGなどグローバルブランドの地域戦略プランニング、またMTVビデオ・ミュージック・アワード・ジャパンなどの展示会や音楽イベントのプロデュースなどを担当していた。

鈴木氏はW+K Tokyoのマネージング・ディレクターを務めていたライアン・フィッシャー氏の後任として着任。フィッシャー氏は成長責任者としてW+K Londonに戻ることになる。

エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターのスコット・ダンゲート氏(左)と鈴木洋介氏。
この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事