高精度なターゲティングをコネクテッドTVでも可能とする「TVer広告」の提供開始

share

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」を運営するTVerは、インターネット広告の新たな取り組みとして、TVerのオーディエンスをより有効に活用することが可能な運用型広告プラットフォーム「TVer広告」の提供を開始する。

 
TVer広告は、同社がワンストップで運営しTVerのオーディエンスデータを使用することで、精度の高いターゲティングやフリークエンシーコントロールを可能とする広告プラットフォーム。

これにより、これまでの運用型広告ではWeb広告と比較すると柔軟なターゲティングが難しいとされていた、コネクテッドTVにおけるオーディエンスターゲティングが可能になったという。

また、放送局コンテンツのみに広告を配信するため、デジタル広告分野でしばしば課題となる、広告内容に相応しくない場所に掲出されてしまうなどによる「ブランド毀損」「広告毀損」のリスクが低く、安全性の高いコンテンツに広告を掲載することができる。

同社では、これまで運営していたインストリーム動画広告の買い付けを可能とするマーケットプレイス「TVer PMP」と今回提供を開始するTVer広告を合わせ、TVerの広告プラットフォーム全体をより幅広いニーズに応えられるよう強化していく予定だという。

Follow Us