大広とAINOW、ダイレクトマーケティング領域を可視化する「AIカオスマップ2021」を公開

share

大広は、人材サービスやAI・RPAの提供を行う総合商社ディップが運営するAI専門メディア AINOWとともに、ダイレクトマーケティングの中でも特定の領域に強いサービスの把握や分野ごとの競合を一覧できるAIカオスマップを作成した。

 

今回作成されたカオスマップは、顧客ステージ (潜在顧客、見込み顧客、新規顧客、既存顧客、休眠顧客、ロイヤル顧客)ごとに課題や打ち手を整理した日本初のカオスマップ。

DXの推進が活発になっている近年、自社のダイレクトマーケティングの仕組みに課題を感じつつも、打ち手に悩み、実行に移せていない企業の担当者などに、「課題に感じている部分はどこなのか」、「解決できる手段は何なのか」といった洗い出しに活用してほしいとの思いで、本カオスマップは作成されたという。

大広では、カオスマップに記載されている AI スタートアップ企業の紹介や、企業のダイレクトマーケティングの仕組み改善などのサポートも実施する。

Follow Us