酪農家が制作したPOPを売場に展示 協同乳業×JA全農「酪農の輪プロジェクト」

share

協同乳業は全国農業協同組合連合会(JA全農)と協力し、協同乳業が販売する「農協牛乳」の小売店頭販売時に酪農家自身が制作したPOPを掲示し、牛乳・乳製品の魅力を発信する「酪農の輪プロジェクト」を開始。12月23日より順次開始しており、第1弾として北海道河東郡士幌町で酪農を営む山岸牧場の北出愛さんが作成したPOPを、関東の販売店舗にて掲示した。

本プロジェクトは1年間を目安に実施され、今後は全国に展開していく予定だという。

山岸牧場の北出愛さん作成のPOP。牛乳は冬場に消費が落ちる傾向があるが、暑さが苦手な乳牛にとっては冬場に乳量が増え成分も濃くなることを、冬ならではのおすすめの飲み方とともに紹介している。

店頭に展示されたPOP。

本プロジェクトでは、作成するPOPを『酪農家のつぶやき』シリーズと題し、酪農家の思いや酪農の豆知識について発信。

販売スペースに展示することで、消費者に酪農の現場を身近に感じてもらい、国産の牛乳・乳製品への愛着を深めてもらうことが狙いだという。

Follow Us