ベクトルグループのスマートメディア、新たにドローンによる「空」の広告を展開

share

ベクトルグループでテクノロジーを活用したメディア事業を推進するスマートメディアは、デジタルクリエイティブ企業のセブンセンスと業務提携し、ドローンテクノロジーを活用した空の広告・エンターテイメントをプロデュースすることを発表した。

 

提供開始されるサービスでは、多数の無人ドローンを制御しながら機体に搭載したLEDライトによって、夜空に企業・ブランドロゴやイメージキャラクター、商品デザイン等を映し出し、ダイナミックな企業マーケティングの演出を実現する。

さらに、別機体のドローンから空中撮影した動画をコンテンツ化し、ベクトルグループのPR力で各種メディアやインフルエンサーのSNSを用いて拡散するなど、企画から話題化までをプロデュースする。

クリエイティブ事例:シンガポール「STAR ISLAND」

世の中のあらゆるメディア面をコミュニケーションのインフラとして捉え、これまでにもモビリティメディアやDOOH事業でのサービス提供を行ってきたベクトルグループは、以前からドローンが生み出すコンテンツ価値の高さに注目。

ドローンの性能を最大限引き出せるドローンパイロットの存在が重要であると考え、ドローンパイロットとの関係性の構築や育成に注力してきた。

そんな中出会った、グローバルな市場で豊富な実績を持つセブンセンスのデジタルクリエイティブを組み合わせることで、より高次元のエンターテインメント・コンテンツを創出が可能となり、企業マーケティングに活用できると考え、本サービスの提供に至ったという。

Follow Us