「ハナコ」が応援団として登場 祝いそびれに花を贈る「遅れてごめん」プロジェクトが始動

share

花き業界の9団体で構成される「日本花き振興協議会」は、「祝いそびれ」を理由に、花を贈るきっかけを創出するための新プロジェクト「Okuléte gommen」(オクレテゴメン)を1月29日よりスタートした。

各種イベントの中止や外出自粛によって、お世話になった人や身近な友人、パートナーと一緒に過ごせる機会が減り、記念日や節目に「ありがとう」や「おめでとう」を伝えられず祝いそびれてしまったという声が多く聞かれるようになったことを背景に企画された。

プロジェクトのスタートに際して、「遅れたおめでとう応援花屋 オープン記念イベント」をオンライン配信にて開催。お笑いトリオ「ハナコ」の菊田竜大さん、秋山寛貴さん、岡部大さんがプロジェクトの応援団として登場した。

 

日本花き振興協議会では1月29日~31日の3日間、“遅れた人専用”のフラワーショップとして、「Okuléte gommen 花屋」を東京ミッドタウン日比谷の地下1階にオープン。オンラインイベント当日の29日には、「ハナコ」の3名が一日店長として花束づくりを体験した。

「DOGEZA」

「PECORI」

「UKKARI」

「OIWAI」
プロジェクトでは、贈る側の気持ちを表現した「DOGEZA」「PECORI」「UKKARI」「OIWAI」というユニークなネーミングの4種類のラッピングペーパーを数量限定で用意。1月29日から全国769店舗の花店やインターネット注文にて取り扱いを開始している。

Follow Us