「Clubhouse」の認知率は2割弱 LINEリサーチが15~59歳男女に調査

share

LINEは、同社が運営する約538万人の調査パネルを基盤としたスマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」にて、日本全国の15歳~59歳の男女を対象に音声SNSサービス「Clubhouse(クラブハウス)」について調査を実施した。

認知率は全体で2割弱

「Clubhouse」について知っているか、また知っている場合は使っているかを調査したところ1月30日時点では、サービスを「知っている」割合は全体で2割弱となり、約8割が「知らない」という結果となった。

「知っている」と回答した割合が最も多かったのは20代の34%、次いで10代が26%と他の年代に比べて認知率が高い傾向が見られた。

また、「いま使っている」または「招待まち」の人の割合は、全体で2%と少なく、各年代で見てもどの代も5%以下という結果になっている。

10代の利用意向が最も高い傾向に

「Clubhouse」のサービス概要を確認した後、実際に「使ってみたいと思う」かどうか調査したところ、「使ってみたいと思う」割合は全体で22%と2割強程度、一方「使ってみたいと思わない」の割合は54%と半数以上の結果となった。

「使ってみたいと思う」:「ぜひ使ってみたいと思う」、「機会があれば使ってみたいと思う」の割合をまとめたもの。
「使ってみたいと思わない」:「あまり使ってみたいと思わない」、「まったく使ってみたいと思わない」の割合をまとめたもの。

年代別では、10代は31%、20代は27%と他の年代と比べ利用意向が高い傾向にあった。

使ってみたい理由としては、「文字だけでは伝えられない感情を表現できるのはとても楽しそう」「直接会って話すことが避けられる世の中で、文字だけでなく声で会話できるのはいいと思う」「招待制ということで、治安がいいと思うから」という意見が見られた。

逆に年代があがるほど「どちらともいえない」の割合が高い結果に。

使ってみたいと思わない人の意見には、「音声でつぶやきたい内容が特になく、他人にオープンな状態で自分の声を聞かれるのはあまりいい気がしないから」「サービス内容を見て、既存のSNSで充分だと思ったため」などがあった。

【調査概要】
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:2021年1月30日~1月31日
有効回収数:1054サンプル
※市場の性年代別構成比にあわせて回収
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならない場合がある。

出典:LINEリサーチ

Follow Us