ジャパン・デジタル・コミュニケーションアワード、大賞は丸富製紙に

share

シエンプレは2月4日、2020年に優れたデジタルコミュニケーションを行った企業を表彰する「ジャパン・デジタル・コミュニケーションアワード」の結果を発表。大賞は丸富製紙が受賞した。同社は2020年3月に発生したトイレットペーパー買い占め騒動の際に公式Twitterアカウント(@maru_tomi0103)で「トイレットペーパーの在庫あります!」と在庫の写真をツイートし話題となった。

アワードの結果発表の様子。Zoomを使って行われ、審査員の村上氏や古田氏らも出席した。

同アワードは炎上やインフォデミックなど、デジタル上のクライシスを研究する研究機関「シエンプレ デジタル・クライシス総合研究所」が主催。5000人以上の一般ユーザーによる一次審査と、12人の審査員らによる最終選考を経て、計5社が選ばれた。

審査員には、元Google日本法人名誉会長の村上憲郎氏ほか、ジャーナリストの津田大介氏、noteのプロデューサーでブロガーの徳力基彦氏、BuzzFeedJapan創刊編集長の古田大輔氏らが名を連ねた。

審査員の村上氏は、大賞の受賞理由について「(トイレットペーパーの)十分な在庫がありますということを在庫写真という説得力のある表現方法で訴えることにより、パニック状況の沈静化に果たした貢献を高く評価したい」とコメントしている。

また、丸富製紙の担当者は、「思いつきで投稿した内容がこれほど多くのお客さまの目に触れたことに正直驚いており、改めてデジタルの力というものを実感させられました」と受け止めた。

シエンプレ主任コンサルタントの桑江令氏は、「今回選定された企業はどの企業も(コロナで)難しいコミュニケーションが求められる中で、自分たちにできることは何かという姿勢からポジティブなコミュニケーションを行い、それが不安を抱えたユーザーに受け入れられたのだと思います。単にユーザーに迎合するのではなくしっかりと向き合いメッセージを発信することの重要性を示す1年だったと考えています」と語った。

その他の受賞企業は以下の通り。

■ボーダーレス賞

チロルチョコ

【選定理由】
外出自粛となった2020年4月にTwitterで「#おかしつなぎ」キャンペーンを実施。企業の枠を超えてお菓子メーカー30アカウント以上が参加し、多くのツイートで賑わった。

■エンゲージメント賞

シャープ

【選定理由】
一般公募アンケートで1位を獲得。企業アカウントの中での圧倒的なエンゲージメントを活かし、コロナ禍においての「マスク生産」という企業の取り組みをしっかりとユーザーに伝え、安心感を与えてくれた。

■サポート&ケア賞

エムケイ

【選定理由】
従業員が新型コロナに感染したことによる2週間の営業停止後に医療従事者への感謝として無料送迎サービスを実施し、SNS中心に大きな反響があった。合わせて公式Twitterアカウントで「#MK猫写真」というハッシュタグで猫の写真を投稿しており、2020年4月の写真には約15万件の「いいね」を獲得。リアルでもデジタルでも「癒し、ケア」に貢献した。

■ジェンダーレス賞

ラッシュジャパン

【選定理由】
2020年10月に、ダイバーシティ&インクルージョンの観点から一部の商品名を変更。男女いずれかの性別を示唆するような言葉が含まれる商品名を新しい名前に変更した。

【ノミネート企業(優秀賞受賞)】

アパホテル、岩下食品、エムケイ、貝印、カルビー、九州旅客鉄道(JR九州)、劇団ノーミーツ、サイボウズ、JTBグループ、島根県、シャープ、ジャニーズ事務所、スシローグローバルホールディングス、チロルチョコ、テイクアンドギブ・ニーズ、のと楽、丸富製紙、明治学院大学、RIZAPグループ、楽天モバイル、ラッシュジャパン、ワークマン(50音順)

Follow Us