滞在時間で課金するカフェ開業 JR東、さいたま新都心駅で

share

JR東日本大宮支社とJR東日本フーズは2月26日、店舗の利用時間に応じて課金する「時間課金制」のカフェ「BECK’S STATION LOUNGE(ベックス ステーションラウンジ)」をオープンする。出店先はさいたま新都心駅の改札外、西口側。

「BECK’S STATION LOUNGE」の店舗イメージ。コーヒーやカフェラテ、コーラなど8種類のドリンクがセルフサービスで無料。焼き菓子やサンドイッチなどの軽食も、交通系電子マネーで店内で購入できる。

料金は20分200円(税込)で、1分超過ごとに10円(税込)が課金される。入り口に設けた端末で利用人数を入力し、「SUICA」や「PASMO」といった交通系ICカードをタッチすると入店できる。出店する際に再びICカードをタッチすると支払いができ、扉が開く。事前予約などは不要。

席数は26席で、営業時間は朝7時~夜9時。パソコン作業などを想定し、Wi-Fiでのネットワーク接続や電源タップ、充電なども利用できる。喫煙室や電話ブースもある。

Follow Us