博報堂プロダクツがハイブリッドイベントの専門チームを発足

share

博報堂プロダクツは3月8日、コロナによって環境が大きく変化したイベントのニュースタンダードを提供する、社内横断の「ハイブリッドイベント専門チーム」を発足すると発表した。同社が創業以来培ってきたリアルイベントと、コロナ禍で積み重ねてきたバーチャルイベントのノウハウ・知見を組み合わせる。

アフターコロナにおいても、すべてのイベントがリアルに戻るのではなく、リアル、バーチャル、それぞれの良さを活かした、より高い体験価値を提供できるハイブリッド型のイベントが主流になるとの考えのもと、チームの発足に至った。

新チームは、同社のイベント・スペースプロモーション事業本部を中核に、各専門本部が横断的に関与し、タスクフォース・チームとして機能。同社の持つ、デジタルテクノロジー、データ分析、映像制作、グラフィック制作など専門性の高い11の他事業本部との組み合わせることで、あらゆる「体験価値創出」に全社で取り組むという。

タスクフォース相関図。デジタルプロモーション事業本部、データビジネスデザイン事業本部、企画制作事業本部、映像クリエイティブ事業本部など、部署を横断したチームとなる。

Follow Us