数々の広告賞を受賞した「分身ロボットカフェ」が常設実験店をオープン

share

分身ロボット「OriHime」(オリヒメ)の開発・提供を手掛けるオリィ研究所は、難病や重度の障がいで外出困難な人が分身ロボットを操作して接客を行う「分身ロボットカフェDAWN ver.β(ドーン バージョンベータ)」常設実験店を東京都中央区にオープンする。グランドオープンは2021年6月21日、一般向けの営業開始は6月22日を予定している。

「分身ロボットカフェDAWN ver.β」の取り組みには、ADKクリエイティブ・ワン/ADKマーケテイング・ソリューションズが携わっており、昨年6月に開催されたD&AD Awards 2020ではDesign Transformation部門にてWood Pencilを受賞。そのほかにも、D&AD Future ImpactのFuture Impact Pencil、AD STARS 2020、ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS 2020など、数々の広告賞を受賞している。

今回の常設実験店は、過去のイベント開催時のように分身ロボット「OriHime」「OriHime-D」による接客サービスのほか、新たに川田テクノロジーズ(東京・北)とカワダロボティクス(東京・台東)と共同開発中の、遠隔操作による手先を使った作業を可能にした分身ロボット「テレバリスタ OriHime×NEXTAGE」を初導入する。

ALSを発病したために仕事を断念したバリスタが「OriHime」を操作するパイロットとして、テレバリスタを遠隔操作し、再び来店客の前で淹れたてのコーヒーを提供する実験も行うという。

店内のイメージ。店舗がオープンするエリア「日本橋EASTエリア」にふさわしいシックな空間デザインと、ロボットの存在が人と人の繋がりを取り持つ様子が感じられるコミュニティデザインを両立させた。

Follow Us