コピーとデザインを含めた1枚絵が描けるクリエイターに

share

電通のコピーライター/コミュニケーションデザイナーとして働く北恭子さん。今回は北さんがスキルアップのために受講した講座の活用法について聞いた。

コピーライターでもクリエイティブの全体像が描ける力を養いたかった

電通
第1CRプランニング局 コピーライター/コミュニケーションデザイナー
北恭子さん

コピーライターに求められるものは、言葉を扱う力だけではない。電通でコピーライターとして活躍する北恭子さんは、「最終的なアウトプットの全体像を想像できる力が不可欠」と語る。

「広告のアウトプットの形が多様化しているからこそ、コピーだけでなく、デザインも一緒に考えられる想像力は欠かせません。また、アートディレクションを理解できていれば、実際にデザインに携わる人ともより深い議論ができるはずです」。

そんな思いから、北さんが社会人5年目で受講したのが、宣伝会議の「アートディレクター養成講座」だった。講座の中で講師陣が発した言葉の数々に感銘を受けたという。「たとえば『グローバルアイデアには勇敢さが必要だ』という言葉からは、海外のクライアントの案件を手がける上でクリエイターが持つべき心構えを教わりました。ほかにも『プレゼンでデザインに共感してもらうには、いきなりアウトプットを見せず、デザインの構造図や考え方を見せると良い』といったハウツーも学びになりました」。

講座で学んだことは実践にもつながっている。クライアントワークで、コピーライティングだけでなく、ビジュアルアイデアやコンセプトの立案、アートディレクションまで北さんが担当する機会も増えてきた。また、「アウトプットをし続けなければ学びも血肉にならない」と考え、修了生の有志とともに展示会を2年連続で開催。19年に出展した「二十歳までを見守るお年玉袋」は商品化もされるなど、着実にできることの幅は広がっている。

「広告界では今後ますます全体像を見ることができるクリエイターが必要とされるはず。経験を重ね、時代に求められるクリエイターに近づきたい」と、北さんは意気込む。

「二十歳までを見守るお年玉袋」。展示会で出展後、商品化された。

北さんら修了生による展示会。2019年8月と20年10月に「表参道ROCKET」で開催。
北さんがコミュニケーションデザインの全体像を描く力を養った講座は……
「アートディレクター養成講座」でした。
 
これまで2100名以上の方が学んできた、日本で唯一のアートディレクションを教える学校。今、この時代に求められるアートディレクターになるために、一流の講師陣のもとで、自らを見つめ直し、掘り下げ、そして今よりもう一段階、自分を引き上げます。
 

<次回の開講のご案内>

■講義日程:2021年8月24日(火)
■回数:全30回
■講義会場:東京・南青山
■受講定員:90名
 
詳細はこちら
 
お問い合わせ
株式会社宣伝会議 教育事業部
MAIL:
info-educ@sendenkaigi.co.jp

Follow Us