「小売・メーカーの売りにつながるデータ活用」、OMOソリューションを提供する5社がディスカッション

share

月刊『販促会議』編集部では4月15日、月刊『販促会議』2021年5月号の特集内容の一部を、誌面に登場いただいた方をゲストとして、解説するライブ配信を行いました。

今回は、特集「小売・メーカーの売りにつながるデータ活用」にて取材をした5名の方に登場いただき、ライブ配信を行いました。下記にてアーカイブ動画も視聴いただけます。

コロナ禍もあいまってOMO(Online Merges with Offline)がより注目されている中、「オンラインとオフラインの融合」を目指す企業は多く見られます。今回の特集では、今まで取得しづらかったオフラインにおけるデータ活用に主軸を置き、小売・メーカーでの活用の現状をまとめました。

OMO時代、まさに大きく進化を遂げようとしているオフラインデータの活用。その進化を支える5社に登場いただき、現状のデータ活用の課題、その解決方法、構想を伺いました。

 

「販促会議」雑誌LIVE:トータル(1h30m)

第1部 「販促会議」編集部が解説! 最新号のポイント解説

第2部 オフラインデータに注目!小売・メーカーの売りにつながるデータ活用(15:40~)

ゲスト
・アドインテ 取締役副社長 兼 COO 稲森学氏
・コニカミノルタ マーケティングサービス事業部 マーケティングデータコンサルタント 清水隆史氏
・クロスロケーションズ プロフェッショナルサービス ディレクター 濱田知行氏
・フェズ 社長室室長 兼 事業開発部部長 安藤尚人氏
・三井住友カード データ戦略部 部長代理 細谷友樹氏

Follow Us