博報堂が「共鳴と偏愛」を生みだすプロジェクトチーム始動 リーダーに奥山雄太氏

share

博報堂は、ブランドへの新たな共鳴と強い偏愛を生む次世代のクリエイティブを開発するプロジェクトチーム『MIDDLE8』(ミドルエイト)を4月22日より始動した。

『MIDDLE8』では今後、コンテンツ発想のアイデアとクラフトを武器に、ブランドと生活者の間に「共鳴と偏愛」を生じさせることで、ブランドのコミュニティを拡張する新たな求心力をつくるクリエイティブを提案・開発していくという。

『MIDDLE8』は、映像・音楽・エンターテインメント・ソーシャルメディアなどの領域を横断し、先進的なアウトプットを生みだしてきたクリエイターたちが集うプロジェクトチーム。

チームリーダーを務めるのは、ACC Creativity Awardsで2度の総務大臣賞を受賞するなど国内外で150以上の受賞歴を持つ奥山雄太氏(SIX所属)。

メンバーには、キャラクター開発から番組企画までクリエイティブディレクションの拡張に取り組む雨海祐介氏(博報堂ケトル所属)、音楽・エンターテインメント分野のコンテンツ開発に数多く参画する鈴木雅子氏(博報堂 第2ブランドトランスフォーメーションクリエイティブ局所属)、映画監督として「僕はイエス様が嫌い」で第66回サン・セバスティアン国際映画祭最優秀新人監督賞等を受賞した奥山大史氏(SIX所属)が加わる。

Follow Us