「グランツリー武蔵小杉」がリニューアル、都心のデパ地下を凝縮したショップも

share

2014年11月、武蔵小杉駅前(神奈川県川崎市)にセブン&アイグループをあげての旗艦店として開業した「グランツリー武蔵小杉」が、開業後初の大規模リニューアルを実施している。

今回のリニューアルは2021年春から始まり、秋までに計4回実施予定。第一弾は3月20日~4月28日。オープン日をずらしながら新規11店舗、リニューアル11店舗の計22店舗が開業した。

グランツリー武蔵小杉の外観。

好調なのは「キッズ・ベビー向け」事業

セブン&アイ・クリエイトリンク グランツリー武蔵小杉 支配人の石渡誠氏によると、今回のリニューアルは2年程前から計画していたが、その途上でコロナ禍となった。「現状、アパレルの売上は正直厳しいのですが、一方で『アカチャンホンポ』の全国1位の売上をこちらの店舗が記録するなど、キッズ・ベビー向けのニーズが強くなっています。リニューアルではその面でも強化していきます」と話す。

百貨店でもなく、駅ビルでもなく、郊外のショッピングセンターでもない新しい業態を目指して開業した本施設。屋上には約1300坪と地域最大級の屋上公園、各フロアには大きいベビールームも設置し、30代のファミリーをメインターゲットに据えている。

リニューアルオープンの説明に立つセブン&アイ・クリエイトリンク グランツリー武蔵小杉 支配人の石渡誠氏。

石渡氏は「地域の皆さまのご支持を得ることができて、順調な業績をあげることができ、グループのなかでも旗艦店の位置付けとなっています。しかしながら開業から6年半を過ぎ、地域の方からの様々なご意見・ご要望をいただくこともあるので、これまで以上に皆さまにご利用いただける施設になるべく、リニューアルを実施しました」と背景を語る。

都心に出向かなくても買い物できる

今回のリニューアルの目玉が、食品を中心としたギフトショップ「西武武蔵小杉ショップ」(1階)。西武池袋本店が主体となって運営するショップで、同店ですでに人気のある「源吉兆庵」「麻布かりんと」などの定番の和菓子や「ヨックモック」「シュガーバターの木」などの洋菓子、ギフトにおすすめの名産品など、デパ地下を代表するブランドを展開する。食品以外にも、選べるグルメカタログギフト「ごっつお便」から、タオルや石鹸などの定番ギフトアイテムを揃えるのに加え、お中元やお歳暮などの受注も行う。

グランツリー武蔵小杉のなかに、西武池袋本店のデパ地下の凝縮版が出現。

「ご自分へのご褒美と食の楽しみが味わえるショップです。都心の百貨店に行くのが難しいタイミングでもありますが、出向かなくてもこちらでギフト対応までできます」(石渡氏)。

リニューアルにあたり、強化されたのが食ゾーン。開業当初から食の店舗数の不足は課題だったため、第一弾は食を中心としたリニューアルになった。ベーカリーでは、新たに「MAISON KAYSER」と「THE CITY BAKERY」が出店。

石渡氏は「武蔵小杉は駅前にベーカリーショップは多いのですが、人気のある『MAISON KAYSER』であれば、足を運んでもらえるのではないかと考え、誘致しました。『THE CITY BAKERY』はテラス席もあるカフェスペース付きでオープンな空間です。グランツリー全体でパンの選択肢が広がり、楽しんでいただけるのでは」と期待している。

「MAISON KAYSER」はグランツリー武蔵小杉のシンボルのAQUA DROPの前に位置している。

「THE CITY BAKERY」は座席数も多く、気軽に入りやすい。

このほかにも抹茶のドリンクやスイーツを販売する「一〇八抹茶茶廊」、ティーマイスターがプロデュースする広尾「茶季」の2号店、元祖焼売居酒屋の新ブランド「野田焼売店 頂」がオープンした。

次ページ 「トレンド重視から顧客目線へ」へ続く

Follow Us