JR東日本、新宿駅東西自由通路で45.6メートルのLEDビジョンによる広告・環境演出を開始

share

東日本旅客鉄道とジェイアール東日本企画は5月10日より、新宿駅東西自由通路に設置した大型LEDビジョン「新宿ウォール456」にて、広告・環境演出の放映を開始した。

環境演出放映時の新宿駅東西自由通路。

「新宿ウォール456」はその名にもあるよう、幅45.6メートルという国内最大規模の大型LEDビジョン。

光柱・天井面への間接照明、16カ所の音響装置により、空間全体をジャックした演出を可能とする。

また、「新宿ウォール456」に加え、縦型の柱サイネージ「J・ADビジョン」25面を同時展開することで、さらに空間に一体感を持たせている。

初回の広告放映は、パナソニックの「ナノイーX」を訴求する広告。5月10日~5月16日の期間放映される。

また、環境演出ではデジタルアート集団、Moment Factory(モーメントファクトリー)社を起用し、「新宿カラーバス(色彩に包まれる)」をコンセプトに、映像・照明・音響を連動させ、新宿をモチーフとした映像を放映。

時間帯(日中・夜間)に合わせたコンテンツ放映を行うほか、今後も、新しい空間演出型媒体として、さまざまな情報発信を進めていくという。

パナソニック広告放映時の「新宿ウォール456」(左)と「J・ADビジョン」(右)。

Follow Us