フジ海外事業部、日本初の番組発売EC「JET」をローンチ

share

フジテレビ 海外ビジネス部門は5月17日から、日本の放送局として初めてとなる番組販売EC(Eコマース)システムを、導入した。

インターネット上で番組の下見から販売までができる「JET(ジェット:Japan Entertainment TV programs market)」システムを開発。現在、海外のテレビ局や映像配信プラットフォームと行っている番組販売ビジネスを、完全IT化する。

「JET」サイトトップ画面。

同社は現在、グループ会社と共同で海外へのセールス事業を行っている。この「JET」の稼働により、これまでのマーケティング戦略を抜本的に見直し、海外のテレビ局やこの数年で急速に増加しているインターネット上の映像配信プラットフォーム事業者とのビジネスを強力に進めていく。大手プラットフォーマーに加え、今までリーチすることの難しかった地域のバイヤーともコミュニケーションを取り、新しいビジネスを開拓していく狙いだ。

今般のローンチでは、まずは同社のコンテンツを世界中のバイヤーに販売することを目的としている。その上で、2021年秋を目標に、「セラー(売り手)として登録できる機能」を本システムに追加し、日本の他のテレビ局やアニメ会社、制作会社など様々なコンテンツホルダーが、「JET」を使って世界中のバイヤーに向けて自らのコンテンツをセールスできるようにしていく予定だ。

今までの海外ビジネスでは、セラー(売り手)は、コンテンツを買ってくれる海外のバイヤーとメールで連絡を取りながら、手作業で番組の販売を行ってきた。「JET」では、フジテレビのコンテンツのトレイラーを自由に下見でき、欲しい作品を選んで、期間や地域などを入力するだけで、番組の購入から素材の受け渡し、請求書の発行まですべてシステム内で行うことができる。言語も、英語、中国語(簡体字)を標準装備し、日本語にも対応した。

コンテンツには、最新作品『監察医 朝顔』『ルパンの娘』『コンフィデンスマンJP』、かつてアジアでも大ブームを巻き起こした『東京ラブストーリー』や『ロングバケーション』など、多くの名作がそろう。バイヤーは、作品をドラマのジャンルや脚本家、監督といったキーワードから検索することもできる。

今後は、過去に閲覧・契約した作品を元に、おすすめ作品や関連作品をバイヤーの方々にAIで自動リコメンドする機能なども拡張予定だ。

フジテレビ コンテンツ事業部 海外ビジネス担当の東 康之氏は今回のローンチについて、「この『JET』は、人々がAmazonやZOZOTOWNで気軽に商品をチェックして購入できるように、世界中のバイヤーの皆様が自由にアクセスしてフジテレビの番組を購入できる、そんな新しい番販システムをつくりたいと思い開発をスタートいたしました。同時に、この最新ITシステムを導入することにより、我々の今までのビジネススタイルを見直し、もっとシンプルで、もっと世界の隅々まで簡単に届くような新しいビジネススタイルを創造したいと考えました」と話す。

また、「このフジテレビの海外ビジネスにおけるDX推進によって、今までビジネスをしてきた世界のテレビ局や配信会社の皆さまとともに、新しいお客さまとどんどんつながって、より大きなビジネスを狙っていきたいと思います。そしてこの『JET』を使って日々情報を世界に一斉発信し、日本のコンテンツをもっともっと世界に広げていきたいと考えています」とコメントした。

Follow Us