「パ」「タ」「カ」の発音で口の元気度を数値化?サンスターが新アプリ配信

share

サンスターグループ(以下、サンスター)は、口の状態や機能に関するアンケートと発音チェックから“お口の元気度”を数値化し、セルフチェックをすることができる無料スマートフォンアプリ「おくち元気チェック」を5月27日より配信開始した。

スマートフォンアプリ「おくち元気チェック」イメージ。

超高齢化社会に突入している日本において、サンスターが健康寿命の延伸に寄与すべく取り組んでいるのが「オーラルフレイル」予防。

オーラルフレイルとは、滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の「むせ」といった、ささいな口の衰えからはじまり口の機能が低下、食べる機能の障害へと進む現象を指し、これが、体力・筋力の低下を招き、全身のフレイル(虚弱)につながるという新たな概念だ。

サンスターの調査(50歳~79歳男女1,036名、2020年12月実施)によると、2020年12月の段階でオーラルフレイルの認知率は18.3%。

また、オーラルフレイルに関連する症状を感じている人は65.4%存在するのに対し、オーラルフレイルの説明を受けた後、「自分自身がオーラルフレイル状態にあると思う」と認識する人はわずか16.4%にとどまっている状態だという。

そこで同社は、オーラルフレイルの認知を広げることに加え、オーラルフレイルを自分の身に起こりうることだと捉えられることが重要だと考え、自分自身の口の状態や機能を把握するためのツールとして「おくち元気チェック」アプリを開発した。

アンケートと発音チェックの結果は点数化およびレーダーチャート化される。さらに結果をもとにおすすめのケア方法を提示する。

「おくち元気チェック」アプリは、口腔乾燥、かむ力といった口腔機能にまつわる設問などに「はい」か「いいえ」の二択で回答するアンケートと、スマートフォンの通話用マイクに向かって「パ」「タ」「カ」音を5秒間連続で発音するチェックによって、“お口の元気度”を数値化するアプリ。

状態によって、おすすめのケア情報などが表示され、オーラルフレイル予防に役立てることができる。

アプリ「おくち元気チェック」は、スマートフォンアプリ版以外に、地域コミュニティや調剤薬局、病院、歯科医院、ドラッグストアなど地域の様々な場で使用できるアプリ「おくち元気チェックPRO」も提供。

口の健康に対する意識が高まる場を中心にタッチポイントを創出することで、オーラルフレイルに対する気づきの場を増やしていくという。

Follow Us