アディダス、海洋プラゴミを回収するサステナブルムーブメントを開始

share

アディダス ジャパンは5月28日、海洋プラスチック汚染に対する世界規模のサステナブルなムーブメント「RUN FOR THE OCEANS」を開始した。期間は6月8日まで。

日本ではローラほか、カヌー スラローム競技の羽根田卓也選手、ビーチバレーボールの坂口佳穗選手、渋谷区、サッカー日本代表、青山学院大学などが参加する。

「RUN FOR THE OCEANS」は、参加者らが1km走るごとにプラスチックボトル10本相当の海洋プラスチックごみを、アディダスと海洋環境保護団体パーレイが回収する取り組み。参加者はアプリ「アディダス ランニングアプリ」などで申し込むことができる。

このムーブメントは2017年から継続的に行っており、これまでに海洋プラスチックごみから生まれた新素材を使ったシューズを3000足以上販売するなどしてきた。

同社によると、2021年は全世界で500万人の参加を目指している。そのプロモーションの一環として、日本では、アディダス グローバルアンバサダーのローラはじめ、カヌー スラローム競技の羽根田卓也選手やビーチバレーボールの坂口佳穗選手、マラソンの岩出玲亜選手などのアディダス契約アスリートらが参加を呼び掛けるという。

日本サッカー協会(JFA)は、選手、スタッフ、サポーターなどが一丸となって期間中の合計走行距離約2000km達成に挑む。

Follow Us