間宮祥太郎出演CMと連動して発売前の話題を醸成、「THE STRONG」のSNS施策

6月29日にサントリー食品インターナショナルから発売された強炭酸水「サントリー THE STRONG 天然水スパークリング」(以下「THE STRONG」)。発売前28日にオンエアを開始した、俳優 間宮祥太郎さんがスキンヘッドで登場するCMが話題を集めている。

【関連記事】スキンヘッド間宮の演技が光るテレビCM

そんな「THE STRONG」は、CMオンエア1週間前からSNSでの情報発信を開始。Twitterを中心にサントリー天然水アカウントと間宮祥太郎さんのアカウントを活用した施策が設計された。「新商品購入前に、SNSでまず商品に触れてもらうことが、昨今大事になってきています。今回は人気俳優がスキンヘッドで登場するというインパクトがあるCMなので、それをうまく、長くSNSで広がるような仕掛けを心がけました」と、SNSの企画を手がけた嶋野裕介さん。

今回の施策では、CMの企画をベースに、SNSでの広がりやすい派生コンテンツを複数制作。Twitterではサントリー天然水アカウントと間宮さんのアカウントをうまく利用し分けることで、情報発信の期間を延ばしていった。

SNSNの施策は、6月22日に始まった。サントリー天然水Twitterアカウントで間宮さんの目元のビジュアルだけを使って、「#難しすぎる出演者予想」と題したプレゼントキャンペーンを開始した。

 

同時に、間宮さんのTwitterのヘッダーが顔のアップだったことを逆手にとり、こっそりとキャンペーンの写真に差し替えた「隠しヘッダー」を実施した。

また、ユーザーが参加したくなる投稿ネタをつくるため、新聞広告を出稿。その出稿先は、2020年コロナ禍で「離れていても心はひとつ」というメッセージで、水玉模様のソーシャルディスタンス広告を掲載し、話題を集めた岐阜新聞だ。

今回、同新聞とのコラボレーションでは、炭酸のバブルをイメージし、泡で「THE STRONG 6.29 DEBUT.」という文字を制作。そこに「近づくな危険。強刺激に備えよ。」というメッセージを添えた。その一部を切り取って、間宮さんのアカウントから「読める?」と投稿したところ、この「泡広告」は、多くのファンから反響を得た。

 

 

また、間宮さんがCMに登場することの告知とキャッチーなビジュアルがPRリリースとして発信されてからは、ビフォーアフター動画を天然水のTwitterやTikTokから発信した。この動画では間宮さんが「THE STRONG」のボトルを前にかざすと、スキンヘッドの間宮さんへと鮮やかに変貌を遂げる。間宮さんが撮影時の感想とともに動画をリツイートしたところ、多くのいいね!がついた。

CMの話題もさることながら、ブランドアカウントはもちろん、間宮さんのアカウントからのリツイートなども奏功。商品は、初週から順調な滑り出しを見せているという。

 

【関連記事】「スキンヘッドの間宮祥太朗が鋭いアドリブ披露 サントリー強炭酸水」はこちら

スタッフリスト

企画制作
電通+電通テック+AOI.Pro

<共通>

CD
岡ゆかり
CD+企画
嶋野裕介
AD
川原田しゅん
D
ミウラユウタ
Pr
藤本眞一郎、水野里美
STPL
澤田真奈、松實良知、青黄愛、福嶌咲美

<泡新聞広告>

C
児島令子
企画
福嶌咲美
レタッチ
両角美穂

<ビフォー・アフター動画>

企画
松實良知
映像Pr
渡邉正臣
PM
岸本拓馬
演出+撮影+編集(オフライン)
濱田明日也
編集(オンライン)+アニメーション
梅香悠斗

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター
この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事