花王、販促提案の巡回スケジュールをAIと数理モデルで立案

share

花王は7月19日、傘下の花王フィールドマーケティングによる店舗巡回計画を自動立案するシステムを構築し、運用を開始した。システム構築は日立製作所。年間数万時間かかっていた計画業務の半減を目指す。

(写真=123RF)

【関連記事】AIで美容部員の事務作業減 約1.5億円分

花王フィールドマーケティングは、花王や関連会社の消費者向け製品を販売する店舗を巡回し、レイアウト改装や陳列など売り場提案を通じて、販売促進を担う企業。巡回する担当者は約2000人。

新たに導入したシステムでは、熟練した計画担当者の立案パターンを学習したAI(人工知能)技術と、全国60エリアの小売店の要望や作業希望日、花王フィールドマーケティング担当者の勤務・業務予定のほか、各担当の技量や適性、移動時間などのさまざまな条件を数理モデル化し、自動で巡回計画を算出する。これまでは計画担当者が経験でスケジュールを組んでいた。

Follow Us