2名の審査員が選定!「グランプリofグランプリ」はどの作品?

share

今回で59回目を迎える「宣伝会議賞」。これまで50の作品がグランプリに輝いています。本対談では、過去に応募経験のあるCHERRYの青木一真氏と、九州博報堂の中村圭さんの2名の審査員が、好きなグランプリ作品を選定。その選定理由について語り合いました。
審査員が選んだ「グランプリofグランプリ」はどの作品なのでしょうか。

2名の審査員が選んだのは同じグランプリ作品だった!?

左から
CHERRY コピーライター 青木一真氏
九州博報堂 コピーライター 中村圭氏

―青木さん、中村さんは「宣伝会議賞」への応募経験があるそうですね。

青木:僕は広告営業としてADKに入社しました。「宣伝会議賞」への応募はクリエイティブ職に興味があったわけではなく、広告人として働くのであればクリエイティブも勉強したほうがいいだろう、くらいの理由でした。そうやって自分なりに広告の表現領域に向き合っていたとき、広告の「芯」を司るコピーに惹かれていきましたね。

中村:私は「宣伝会議賞」に応募したときのことを明確に覚えていて。学生時代、たまたま立ち寄った書店で「一行で、100万円」というコピーを見たことがきっかけでした。これが学生には衝撃的で (笑)。「宣伝会議賞」がきっかけでコピーライティングの楽しさを知って、授業中にも「宣伝会議賞」のコピーをつくったり…。コピーにのめり込むきっかけになりました。もし、「宣伝会議賞」に出会っていなければコピーライターになっていなかったかもしれないです。

応募していたのはもう15年前の話。今回が初めての審査なのですが、自分が審査を担当する日がくるとは思ってもいませんでした。

―今回は過去のグランプリ作品の中からご自身の好きなものを選んできていただきました。

中村:ダントツで好きなコピーは、第42回のグランプリ。キヤノン販売の課題の「父親の席は、花嫁から一番遠くにある。」ですね。私は、これまでも多くの人が感じてきたけれど、言語化されてこなかったことを言葉にしたコピーが好きです。この作品は、「花嫁の姿を一番写真に収めたいのは父親のはずなのに、物理的に距離が一番遠いところに席がある」という多くの人が共感できる光景を言葉にしながら、「その距離感のなかでも望遠レンズで綺麗に花嫁を撮影できる」という商品の特長も述べています。コピーとして素晴らしい作品だと思いました。

青木:僕は好きな作品が2つあるのですが、その1つが中村さんと同じキヤノン販売のコピーでした。僕にコピーを教えてくださった児島令子さんが常におっしゃるのが「コピーは発見と共感である」ということ。みんながまだ気づいてないことを見つけられているか。言い回しや設定がしっかりと受け手の共感に基づいているか。その基準で考えると、グランプリ作品の中で圧倒的に「発見と共感」があるのはこのコピーだと思いました。

青木:もう1つがーーー、。
……本記事の続きは『宣伝会議』2021年11月号をチェック。

同号では第59回「宣伝会議賞」の課題を発表。また、応募者にとって最初で最大の壁「一次審査」の突破方法を3名の審査員が紹介しています。
毎年恒例の「ポスタービジュアル撮影」の裏側も掲載。最終審査員の谷山雅計さん、アートディレクターの秋山具義さんにインタビューをしています。

月刊『宣伝会議』11月号(10月1日発売)

 
【特別企画】
第59回「宣伝会議賞」課題発表

・今年も密着!ビジュアル撮影 谷山雅計氏×秋山具義氏インタビュー
・通過率は驚異の1% 最初の壁「一次審査」を突破する方法とは?
・50の作品から2名の審査員が選ぶ「グランプリofグランプリ」はどの作品?
 
【11月号ご購入者様限定特典】
10月1日から11月18日までの限定特典!
審査員が贈る、応募に役立つ100の言葉がダウンロード可能に
※11月19日以降はダウンロード不可となります。
 
「宣伝会議賞」では、毎年100名前後のプロのクリエイターが審査を担当し、講評をいただいています。
今回は2012年~2019年の『SKAT』に掲載された審査員講評から、編集部が100の言葉に厳選!「応募に役立つ100の言葉」として、11月号ご購入者さま限定でPDFをプレゼントいたします。
 
ダウンロード方法の詳細は『宣伝会議』11月号
 
【特集1】「国民的知名度は必要ない? 対象顧客に共感される企業・商品の広め方」
・「広告」以外の方法で企業・商品を有名にする戦略!
・技術力を生かした、おもしろBtoC商品のテレビ番組出演オファーにもつながった
・社長が「質問なくなるまで帰りま1000!」累計8000エントリーを集めた新卒説明会
・クリエイター、マーケターが考える D2Cブランドの広め方
・70超のブランドを展開するトランジットがコロナ禍で行った新たなプロモーション手法
 

Follow Us