ガンダムでプラ再利用をPR 全国30会場、端材で1分の1頭部も制作

share

バンダイナムコグループのBANDAI SPIRITSは10月20日、プラモデル「ガンダムシリーズ」を活用した、リサイクル活動の広報企画を始める。約1カ月間、イオンモールやマルイ、パルコほか全国30の商業施設を会場に体験イベントを開催する。

イベント会場での組み立て体験として配布するガンダムのプラモデル ©創通・サンライズ

BANDAI SPIRITSが進める、プラスチックの再利用プロジェクト「ガンダムリサイクルプロジェクト」のPRが目的。4月1日に開始した施策で、「ランナー」と呼ばれるプラモデルの部品をつなぐ枠の部分を回収し、生産時の素材として再利用するというもの。ランナーの回収量は1年間で約10トンを見込む。従来は限定商品にのみ使用していたが、今後はすべての商品にリサイクル材を使用することを目指す。

会場では再生したプラスチック素材のプラモデルを配布、その場で組み立てができるほか、使用済みのランナーを回収する。入場料や参加料は無料。企画の最後を飾る新宿でのイベントでは、1カ月かけて回収した使用済みランナーを用い、1分の1サイズで制作した「ガンダム」の頭部を展示する。物販も行う。

BANDAI SPIRITSは、コレクター市場向けのフィギュアやロボット、ガンダムシリーズをはじめとしたプラモデルの国内外への販売、くじを用いたコンビニでのキャラクターグッズ販売や、アミューズメント施設向け景品の企画・開発・販売を手がける企業。2021年3月期の売上高は1161億1700万円、純利益は156億5200万円。

Follow Us