ライフが駅ナカ初出店 JR大阪駅に自然派PB専門店

share

ライフコーポレーションは10月26日、JR大阪駅構内の商業施設に自然志向のプライベートブランド「BIO-RAL(ビオラル)」をオープンする。同社がいわゆる「駅ナカ」に出店するのは初。店名は「ビオラルエキマルシェ大阪店」。店長は三木尚子氏。

「ビオラルエキマルシェ大阪店」のオープン告知

商業施設「エキマルシェ大阪」のリニューアルオープンに伴い、出店した。通勤や通学などでJR大阪駅を利用する人向けに「BIO-RAL」の認知度向上や、購入機会の増加を図る狙い。JR大阪駅の2020年度の1日平均乗車人員は約29万人。JR東京駅の約27万人、JR渋谷駅の約22万人よりも多い。

店頭では有機栽培の野菜や果物のほか、弁当や総菜、天然由来の素材を用いたスキンケア、ヘアケア製品などを扱う。地場の商品としては、和歌山県産を中心とした野菜や、大阪市のほか、奈良市や淡路市のパンなども陳列する。オープンに合わせた新商品も発売するという。

「BIO-RAL」は、ライフコーポレーションがDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進や、ネットスーパーの利用拡大と共に注力しているブランド。スーパー「ライフ」約100店舗で専用コーナーを設けているほか、2021年度下期に計画する店舗改装でも、コーナーの導入を進める。

「ビオラルエキマルシェ大阪」の営業時間は朝9時〜夜10時。

Follow Us