広聴の視点でオウンドメディアを活用する

share

企業の広報戦略・経営戦略を分析するプロが、データドリブンな企業ブランディングのこれからをひも解きます

今回のポイント
① ユーザーの声を聞くプラットフォームとしても有効
② 内容だけでなく発信する体制・枠組みづくりが重要
③ リスク対策とアクセスデータの活用は不可欠

日常生活でふと気になるものを見つけたとき、真っ先に行うことは何でしょうか?多くの方は、その場でウェブやソーシャルメディアの検索を用いて、より深く調べるという行動をとるかもしれません。

スマートデバイスとウェブ、ソーシャルメディアが普及した現代では気になる事物について、その場で瞬時に調べてより深い情報を得るという情報行動が普通のことになっています。そしてこれは気になる企業についても同じことが言えます。

企業広報戦略研究所が2021年6月に実施した調査では…

図1 生活者が企業に魅力を感じた結果とった行動(上位回答)
調査期間:2021年6月23日(水)~6月30日(水)
調査対象:全国の20~69歳の男女10,000人
調査方法:インターネット調査
企業広報戦略研究所調べ「魅力度ブランディング調査」

>>>続きを読む(宣伝会議デジタルマガジンを開きます)

Follow Us