レーザー加工でラベルレス アサヒ飲料、Amazon限定発売

share

アサヒ飲料は12月21日、ペットボトルに直接、必要情報を記した「アサヒ十六茶」のラベルレス商品をAmazonで発売する。1200箱限定。

【関連記事】ラベルレスの「伊右衛門」に最高賞

食品表示はレーザーで直接書き込んでおり、インクなどは用いていないという

リコーが開発したレーザーマーキング技術を用いた。原材料やペットボトルの識別表示マークなどをペットボトルの表面にレーザーによって書き込んでいる。従来のラベルレス商品は外箱に必要な食品表示を行うか、首かけラベルや小さなシールに記載し、添付していた。ペットボトル表面を加工することで、ラベルやシールなどの処理も不要になる。

アサヒ飲料は2018年にラベルレス商品を発売。富士経済が9月3日に発表した推計では、ラベルレス飲料の市場規模は2020年の87億円から、21年は2.4倍の205億円となる見込み。

Follow Us