メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

セブン-イレブンからドローンで配送 ANAが事業化へ実験

share

ANAホールディングス(HD)は11月29日〜12月19日、「セブン-イレブン」でネット注文された商品をドローンで運ぶ実証実験を東京都西多摩郡日の出町で行う。セブン-イレブン・ジャパンと産業用ドローンのACSL(東京・江戸川)の共同施策。有人地帯の上空を、立ち入り監視措置などを担う補助者なしに飛行する「レベル4飛行」解禁に向けた実験。ANA HDはドローン配送サービスを事業として確立する考え。

【関連記事】JR東、料理をドローンで配送 JALと

ドローン配送をするエリア。中心部の店舗アイコンが「セブン-イレブン日の出大久野店」。人口密集地域の上空も飛行する

セブン‐イレブン日の出大久野店で取扱う商品を、西多摩郡日の出町住民を対象に、ドローンで配送する。配送料は110円(税込)。サービス提供開始は12月3日で、朝9時〜夕方4時まで注文を受け付ける。ドローンは日の出大久野店の駐車場に設けた離発着場から、日の出団地2号公園など4カ所まで飛行する。荷物を積むのはセブン-イレブンの店員で、実際の運用を想定した。

政府は、2022年度中にドローンによるレベル4飛行の実現を目指しており、各社が実験を進めている。東京都ではJR東と日本航空、KDDIが11月20日に、食事をドローンで運ぶ実証実験を行った。ANA HDとセブン-イレブンの配送ではNTTドコモがドローンの飛行に必要なLTEネットワークを提供する。

Follow Us