霧島酒造「CO₂排出量」実質ゼロ宣言、サツマイモ発電の社用車導入も

share

霧島酒造は11月24日、2030年度までに「工場・事務所のCO₂排出量を実質ゼロ」にすることを宣言した。そのうち、「焼酎粕」や「芋くず」など、さつまいも由来のエネルギーで2013年度比50%削減を目指す。

同社では、さつまいも由来の副産物をバイオガスに変換・リサイクルする施設を建設し、バイオガスによる発電事業も行っている。2020年度時点で、さつまいも由来のエネルギーによりCO₂排出量を33%削減(2013年度比)した。

①本社エリアのバイオガスの自社供給量の増加、②志比田エリアのバイオガスの自社供給量の増加、③志比田エリアの余剰バイオガスの有効利用、④サツマイモ発電の自社利用などの取り組みを実現させる計画。

またサツマイモ発電の電力で走るEVを社用車として4台導入。「さつまいもEV e-imo(イーモ)」と名付け、持続可能な焼酎造りを目指すプロジェクトを描いたイラストを車体にラッピング。本社のある都城市の災害時避難所支援にも活用する。

持続可能な焼酎造りを目指すプロジェクトをイラスト化。エネルギー有効利用の全体構想を表した。

都城市と霧島酒造は包括連携協定を結んでおり、災害時の避難所における電源として、社用車のEVや充電スタンドを利用できるように整備する。

Follow Us