一回戦はオズワルド、決勝は?Twitterの盛り上がりで見るM-1グランプリ

share

Twitter Japanは12月19日に開催された「M-1グランプリ2021」について、JX通信社協力のもとTwitterでの盛り上がりを分析した。

分析によると、一回戦のネタを披露時に最もTwitter上で言及されていたのは、オズワルドであり、インディアンス、錦鯉と続いた。
これは審査員による採点結果と一致しており、Twitterでの言及数と、決勝に進出した3組は対応していた。

敗者復活戦を勝ち抜いたハライチには、復活が決まった瞬間に番組全体で2番目に多い言及が集まった。

そして、決勝時におけるTwitterでの言及数においては、錦鯉に対するものが最多に。決勝のネタ披露の順番が最後であったオズワルドがネタを披露し終わるタイミングでも、錦鯉への言及が急増しており、「錦鯉優勝ワンチャンあるかも」「オズワルドかな・・・。錦鯉もスッゴい面白かったけど」などの声が見られた。

審査員への言及については、ランジャタイに対して高得点を付けた時の立川志らくさん、ハライチに対して高得点を付けた時の上沼恵美子さんなど、全体の傾向と大きく外れた評価を行う審査員が現れた際にその審査員への言及が多くなった。

審査員の評価に対する意見はありつつも、「批判」などは目立たず、「志らく師匠最高。自分がおもろいと思ったら高得点つけていいんだよなあ」「上沼恵美子98点が今日一番面白い」といったツイートが見られたという。

また、優勝者発表の直後にはナイツ・塙さん、サンドウィッチマン・富澤さんに関するツイートが急増。錦鯉の優勝に対して2人が涙を流していたことによるものだと考えられている。

番組終了後は、優勝した錦鯉に関する内容のツイートが多かったという。

22:10に地上波の放送した後も、M-1に言及したツイートは多く見られており、番組終了から1時間以上経った23時台までツイートは残り続けた。

Follow Us