のんある酒場を東京駅に開店 サントリーBWS、期間限定で

サントリーBWSは4月28日から、ノンアルコール商品を訴求するポップアップストア(期間限定店)「のんある酒場」を、東京駅の商業施設にオープンする。

ポップアップストア「のんある酒場」の想定外観

ビールテイストやチューハイなどのRTDテイスト、ワインテイスト飲料などを提供するほか、同店舗のみのメニューも提供する。料理も出すという。

サントリーの推計では、ノンアルコール飲料市場は2030年まで年平均成長率3.6%で伸びる

サントリーの推計では2021年のノンアルコール飲料市場は約4000万ケース(8.4リットル換算)で、前年比115%となった。同社の販売数量は「オールフリー」「のんある晩酌 レモンサワー」など1641万ケース。伸長率は前年比117%で、市場の伸びを上回った。22年は同比107%の1758万ケースを目指す。

店内のイメージ。東京駅一番街にオープンする

3月にはワインテイストの「ノンアルでワインの休日」を発売。サントリーはビールやチューハイテイストなどの区別を付けず、ノンアル製品全体で新規ユーザーを獲得する考えで、最需要期の夏季に向けてキャンペーンや店頭プロモーションなどを強化する。

「のんある酒場」の営業は5月5日まで。


 

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事