東武成増駅が「なりもす駅」に モスバーガー50周年施策で

share

モスバーガー運営のモスフードサービスは3月8日、東武鉄道との共同企画で、1号店がある東京都板橋区の「成増駅」を「なりもす駅」に変更した。ホームと南口の駅名看板で「なりもす」の表記になっている。「モスバーガー」50周年企画の一環で、4月3日まで。

「モス」にかけて成増駅を「なりもす駅」に。写真は想定時のもの

3月12日には、東武東上線の主要駅で「モスバーガー50周年記念乗車券」(1000円)を2000セット限定で発売する。また。東上線車両1編成で、先頭部と後尾部にモスバーガーのロゴをヘッドマークとして掲出。「成増駅」を含む池袋〜小川町間を運行する。車両内や池袋駅でも「なりもすへ行こう!」と記したフラッグを掲出し、駅利用者の増加を図る。

東上線車両1編成でヘッドマークに「モスバーガー」のロゴを掲出

記念乗車券を2000セット限定で発売するほか、池袋駅でフラッグも

モスフードサービスは3月4日から「成増店」の店名を期間限定で「モスバーガー なりもす店」とし、店頭で発行するレシートの表示名も変更。店舗を置く商店街との共同施策や、板橋区の小学校への教材提供、板橋区の観光キャラクターとのコラボレーションなど、地域との連携を強めている。

モスバーガー創業時の成増駅ロータリー

駅名変更施策では京浜急行電鉄に複数の事例がある。2018年の漫画『北斗の拳』をはじめ、19年は漫画『ONE PIECE』、21年は人気グループ「三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」とコラボレーションし、それぞれ期間限定で駅名を変更した。

 


 

Follow Us